眼球の表面にレーザーを照射し視力を回復

眼球の表面にレーザーを照射し視力を回復

視力回復方法で現在のレーシックより以前に行われていたPRKの強みは最初に、角膜がやや薄い人でも現在のレーシックではむずかしいとされるものも治療が可能な事があります。次みたいにレーシックより前に行われてたPRKは視力回復の手法であって角膜上皮が現在のレーシックに比較す再生をするまで約1週間ほど時間を要します。そうしてふつうのレーシックと比べるとその間角膜の表面を保護するコンタクトを装用していかなくてはいけないので、患者に掛る負担は肉体的にも精神的にもでかいようですよね。またレーシックの種類をハードな運動の人は選ばないそしたらならないが、レーシックと違いPRKはフラップを作らないことから強烈な運動させられる人でも治療が可能となるのでしょう。そして確かな経験と技術がレーシックでは必要となるんですよね。しかしそうしたレーシックに比べPRKは技術的に割とわかりやすく出来てしまう事から、安全性の高い視力回復のための手術法なんです。PRK(ピーアールケー)は現在行われる普通のレーシックよりも前よりされていた視力回復方法です。レーシックより以前に行われてたこれらが術式、PRKのメリットになるんです。レーシックで作成をさせられるフラップは作らずに、手術の方法は眼球の表面にレーザーを照射し視力を回復。ですからレーシックに比べてフラップをつくらない分リスクは多くないですけど、時間を角膜の表面の再生には要すだけでなく、余程の痛みをレーシックに比べ伴うのです。しかしフラップを視力を作成をせずに回復とはどうゆう事なのだろうか。そこはレーザーによりましてPRKは角膜上皮を取り除いてその内側にレーザーを照射するのですが、角膜をコレまでは平に削ってたのにたいし、平でではなく角膜を球形に削る手法によって近ごろは視力を回復するようです。

トップへ戻る