コンタクト制限がある

コンタクト制限がある

手術した後は視力が安定しな くなったので、手術を受ける乗り物を本人が運転するのは出来ません。それに、日焼け止めも使用不可です。コンタクトレンズは、当日も当然使用できないため、メガネをかけるようになるのでしょう。手術当日の服装にも注意が必要です。手術前日までで、注意するのは、コンタクト制限がある事です。手術費用は当日に支払うケースがまったくだから、忘れないようにします。それに、手術の数日前から、角膜に傷が付いてこないようにアイメイクを控えてしまったり、抗菌の点眼をしましたりするときがあるのです。これら は、クリニックや手術を受ける人の状態により異なってきます。コンタ クトを使用する事により、角膜の形状が変化しますので、角膜の形状を元に戻すために、ツールレンズでは手術1週間前から、ハードレンズでは手術3週間前から コンタクトの使用が出来ません。注意点の中には、まもらないと手術を予定日に受ける事が出来ないでしたり、影響を手術に及ぼす実現性のあるもの があげられますから、良く確認をすることの方が重要です。手術前日まで、当日の注 意点はクリニックや病院ごとにちがいます。レーシック手術前日までと当日には、いくらかの注意点があげられます。手術当日に忘れガチなのが、レーシック手術の費用です。体を締め付けな い、ゆったりした洋服を着用しよう。ウールなどの毛足が長く、眼球に入る可能性のある洋服 や、脱ぎ着をする際に、眼を強く閉じる可能性のあるタートルネックの洋服、パーカーなどの首元がもたつく洋服などは、手術には不向きデス。手術当日は、化粧や整髪料、香水の使用は、影響がレーザーに出る可能性があるため、出来ません。女性は、自宅から ノーメイクで来院しないとならない。それに、生命保険な どで手術給付金がくれる時は、保険会社の診断書、未成年で親の同意が必要な場合は、手術同意書を忘れずに持って行きましょう。

トップへ戻る